左側のコンテンツ50% 炎によって新しい姿に変わる 銀の粒たち。 鋳造アクセサリーができる過程を ご紹介しています。      

右側のコンテンツ50%  

お迎えくださった作品のメンテナンスや 修理のご依頼

作品についてのお問い合わせは こちらからよろしく願い致します。

Planet Nostalgiaの博物誌 惑星「ノスタルジア」の物語

【博物誌】洞窟ウサギと星屑の空

更新日:

ベルベット・フローライトは不思議な兎。
その体は結晶でできていて、宝石がたくさん眠る鉱山の洞窟の中に住んでいます。
彼女は洞窟から外に出ることはできません。

洞窟の中はいつもにぎやかです。淡く光るコケに照らされる宝石や、透き通った湖、ここには綺麗なものがたくさん。
でも、ベルベットは洞窟の外を見たくてたまりません。

ある日、聞いたことも無いような大きな音が響いてきました。
驚いたベルベットが蝙蝠こうもりに訊ねると、洞窟の天井が崩れ、外に続く大きな穴が開いたそう。

外が見たくてたまらない不思議な洞窟兎どうくつうさぎは、穴の場所をたずねて歩き出しました。

蝙蝠の羽ではすぐでも、ベルベットの足では時間がかかります。
川を越え、谷を越え、疲れたら湖のほとりで一休みして、長い長い時間ベルベットは歩き続けました。

いつのころからか、辺りには嗅ぎなれない匂いが混じっています。
ツンツンした鼻の乾きと、なんだかよくわからない匂いに戸惑とまどいながら見上げると、ぽっかり空いた天井からは、満点の星空がベルベットに挨拶をしています。

しばらく星とおしゃべりを楽しんだベルベットは、ほっとしたように言いました。
「なあんだ、外って、洞窟とそんなに変わらないのね。」

ベルベットは星空とさよならして、自分の住んでいる巣に帰っていきました。
それから、ベルベットは外に行きたいと思わなくなりました。

洞窟の中はいつも賑やかです。淡く光るコケに照らされる宝石や、透き通った湖、ここには綺麗なものがたくさん。

外に出ることはできないけれど、誰よりも洞窟のことを知っています。
洞窟だってとても綺麗なことを、知っているからいいのです。

-Planet Nostalgiaの博物誌, 惑星「ノスタルジア」の物語
-, , ,

Copyright© Planet Nostalgia(プラネットノスタルジア)ノスタルジックなモチーフアクセサリー , 2019 All Rights Reserved.